チーム | Speak To Start ☆ スピスタ

チーム

Speak to Start 企画・運営チーム







山下 桃香
代表
渋谷教育学園渋谷高等学校1年生。(通称:渋渋) アメリカに6年半住み、2011年4月に帰国。部活は剣道部で、趣味は歌うことから、絵を描くこと、体を動かすこと、話すことなどと幅広い。
幼少期は無口で、マイペースで、自分の考えを伝えずにいた。けれどアメリカに行った時、「話さない=何も考えていない」と思われ、劣等感を感じていた。そこである日のShow and Tellの時、殻を破って話した経験を経て、「伝えることの楽しさ」に気づき、現在に至る。
一言メッセージ: 「プレゼンは本当に楽しいものだから、それを共有できる仲間が増えてほしいなと思っています!ヽ(≧∀≦)ノ」
生嶋 美伶
マネジャー/チーフクリエイター
渋谷教育学園幕張高等学校1年生。(通称:渋幕) アメリカに2年、イギリスに3年半、ドイツに3年半住み、2008年夏に帰国。部活は美術部とコンピューター同好会で、趣味は鉛筆デッサン、ヴィオラ、写真、デザイン、プログラミングと幅広い。
2歳の時からパソコンでも鉛筆でも絵を描くのが好きで、美術とパソコンに慣れ親しんでいた。小学校1年生の時に学校で初めてPowerPointでプレゼンを作り、「情報の伝え方の工夫」を学習してきた。現在はデザインの練習などを重ねている。
一言メッセージ:「私自身もプレゼンについて勉強しながら、皆さんと成長していきたいです!(*^^*)」

武藤 アツシ
プロデューサー
中学2年生。イベント名'Speak to Start/スピスタ'の考案者。
小学2年からアドビ・イラストレーターを使い始める。他音楽や映像などの制作をするとともに、2013年夏に株式会社MEGWIN TVとYouTube 動画のコンテスト「VANCHO」を企画・制作など、幅広くクリエイティブを手がけている、素晴らしい(謎の)中学生。
小学生の時に参加したApple Storeのイベントで、大勢の観客の前で話すことになり、初めて人前で話す楽しさを知る。
一言メッセージ:
「スピスタという、ファンタジーの世界へようこそ。( ´ ▽ ` )ノ」
黒坂 優子
アシスタント
渋谷教育学園渋谷高等学校1年生。(通称:渋渋)
イギリスに6年、シンガポールに2年住み、2012年冬に帰国。
部活はサッカー部で、趣味はヴァイオリンと代表の山下をいじること。
小学校3年生の頃から、イギリスでプレゼンに親しむ。

一言メッセージ:「よろしくお願いします!( ̄^ ̄)ゞ」




外部アドバイザー






岡田 哲意 様



有限責任監査法人トーマツ・認定NPO法人Teach For Japanを経て2012年よりトーマツベンチャーサポート株式会社に参画。
教育関連ベンチャー・NPOの販路開拓支援・パブリシティ支援・資金調達支援、一般事業会社の新規事業コンサルティング、行政からの起業家教育関連業務受託等に従事。 2014年より、職業体験テーマパーク キッザニアでの中学生向け「起業家塾」開催を契機に、高校生向け教育プログラム「Dream School」を全国6校の高校に提供。

小林 忠広 様



慶應義塾大学法学部法律学科所属。文部科学省認定ワークショップデザイナー。 慶応義塾高校時代にラグビー部主将として全国大会に出場。その経験を活かしたラグビーコーチングを中学生に提供。また日本ラグビー協会アシスタントスタッフとしてU20日本代表事業に関与。 アメリカで最も古い大学インターンシッププログラムのAmerican University Washington Semester Programに1年間留学。慶應義塾大学とハーバード大学の共催で行われた世界最大のアジア学生会議HPAIRの運営に関与。